美容のことを考えるなら夕食に卵がおすすめ

美容で守る3つのこと!

美容のことを考えるなら夕食に卵がおすすめ

人は夕飯の量を控えることが理想的と言われています。夜中に食べた炭水化物や脂質は消費されることなく蓄えられていき脂肪に変わってしまいます。脂肪に変われば太ってしまうわけで痩せたいとか綺麗になりと考えている人にとっては夕食のとり方次第で美人になれるかどうかが決まるといっても過言ではないかもしれません。炭水化物も取れない脂質も取れないなんて食事をしていたら食べる物がなくなってしまいそうなものですが、おすすめの食材として卵があります。卵は良質なタンパク質が含まれています。このタンパク質は寝ている時の代謝に使われる重要な栄養で、夕食に食べればそれだけ肌の活性化に繋がります。肌の弾力やハリなどはコラーゲン不足なんて言われますが、コラーゲンを作るのにも卵は役立ちます。朝食に食べるイメージがあるかもしれませんが、美容のことを考えるなら卵は夕食にもピッタリの食材なのです。また卵にはコレステロールが含まれているため食べない方がいいなんて言われていた時期もありました。実際卵にはコレステロールが多く含まれていますが、卵に含まれているコレステロールに問題はありません。コレステロールは足りなくなれば体の中で作られて、食材から摂取できれば体の中では作られず、常にその量は一定な状態が維持出来るようになっています。一定の量を維持できない健康状態が問題なのでありそれにたいして卵のコレステロールは関係ありません。卵を毎日3個ずつ食べていたらうつ病の発生率が下り、糖尿病のリスクが下がると言われています。健康にも良い食材なのでしっかりと摂取することをおすすめします。自由が丘 美容院

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ